危険な石油系合成界面活性剤が、バリアゾーンを壊し、老化を進める。
界面活性剤って何?

お肌のお手入れのためのクリームや乳液、シャンプーには、油と水を混ぜ合わせる成分が必要です。油と水は、本来混ざり合わないものですが、これを混ぜ合わせる成分が「界面活性剤」です。

以前は、混ぜ合わせる力が弱い界面活性剤を使って化粧品などが作られていました。

しかし、多くの水と油を混ぜ合わせる「合成界面活性剤」が誕生し、強い洗浄力と強い乳化力で洗剤や化粧品が大きく変わってきました。


食器洗剤や洗濯洗剤は、コンパクトで強力な洗浄力の商品が次々と開発されています。

化粧品も、「合成界面活性剤」によって、油や水を自由に混ぜ合わせることが可能になり、「ベトベトしない」「さっぱりとした」「つけ心地のいい」クリームや乳液が人気となりました。また、「合成界面活性剤」を使うことで化粧品の製造コストも大きくおさえることができるようになりました。


 

合成界面活性剤が、お肌の老化を進める。

しかし、「合成界面活性剤」の強い乳化力によって、お肌の状況も変わりました。

「合成界面活性剤」が直接肌に影響します。強い乳化力により肌のバリアゾーンを破壊し、肌に大切な定住菌まで殺してしまいます。また破壊されたバリアゾーンは、無数の穴が開いている状態になっていますので、化粧品に含まれる異物や有害物、香料、タール色素が肌の内部に浸透します。これにより、生きた細胞を守ろうとメラニンが増え、シミができます。そして、同時に皮膚の脂も内部の水分も失われ、急速に乾燥肌になりシワの原因にもなってきます。また、脂分や水分を失った肌細胞は、正常な新陳代謝が行われず、お肌の老化を早めます。今、肌トラブルの最大の原因になっているのが、この「合成界面活性剤」です。

 

皮脂を補う乳液やクリームの乳化は必要です。

しかし、大量生産やコスト面から、合成界面活性剤を多く使う化粧品が一般的となり、決して安心・安全とは言えません。特に女性、敏感肌の方にとっては、大きく深刻な問題です。

 

ベラワカコ化粧品は、肌に優しい自然系界面活性剤を使用。

どんな、界面活性剤も量が多いことは、肌を痛めよくありません。

また、無添加化粧品だから大丈夫というわけでもありません。無添加化粧品でも「合成界面活性剤」を使っている化粧品も少なくありません。

ベラワカコ化粧品では、アミノ酸系界面活性剤を最小限に使用しています。

「パウダー洗顔珊瑚精」では、大切な皮脂を洗い落とすことなく、汚れだけを落とす洗顔技術を実現しました。

だから、『赤ちゃんから大人まで』広くオススメしています。浸透圧の原理に基づき、肌を守り潤いを与える、ベラワカコ化粧品の創立当初からの思いです。