危険な合成ポリマーが肌にフタをする。
合成ポリマーって何?

「合成界面活性剤」という強い界面活性剤の登場により、女性の肌を悩ましはじめましたが、さらに追い打ちをかけるように『合成ポリマー』が誕生しました。

合成ポリマーでできた化粧品を使うと、皮膚の上に塗られた合成ポリマーは、徐々に水分が蒸発し、薄い皮膜のようになります。

これは皮膚内部の水分を逃さないように、ビニールで皮膚を覆った状態(料理に使用するラップを張った状態)になるため、見た目はつるんとした美しい肌を手に入れた気がします。

この合成ポリマーを使うと、合成ポリマーの皮膜で皮膚は水分保持し、シワが一時的に消え、ハリがでて、肌はツヤツヤになったように見えます。(どこかのCMで聞いたような気がしませんか)

しかし、一時的に合成樹脂の膜で覆われた肌は、正常に皮脂を分泌できず、やがて皮脂の分泌が減り、水分のコントロールが出来ず一気に衰えていきます。

 

乾燥肌、敏感肌をつくる合成ポリマー。

さらに、この水溶性のポリマーは、合成界面活性剤の毒性を助長し、皮膚のバリア機能をますます壊していきます。

合成ポリマーには、シリコン系ポリマーが多く、肌が異物と判断しにくいため、バリア機能が壊れたところからどんどん肌に浸透していきます。

保湿にいいように思えますが、実は、肌細胞の本来持つ保湿機能を著しく損ない細胞の劣化がどんどん進みます。そして、肌は、このシリコンしか受け付けなくなり、他の化粧品を使うことができない敏感肌になっていくのです。

その先は、「インナードライ」や「敏感肌」の乾燥肌が進行し、外部からの刺激に過剰反応する肌になってしまいます。

 

ベラワカコ化粧品は、合成ポリマーを一切使わない、本当の無添加化粧品。

この合成ポリマーでつくられた化粧品は「落ちないメイク」として、メイク商品に重宝され、また、半永久的に腐ることがないため、防腐剤や香料を使う必要のない合成ポリマーでつくられた化粧品は、「無添加化粧品」と称して急成長を遂げました。

ベラワカコ化粧品の「無添加化粧品」は、こうしたものとは、一切異なる本当の『無添加化粧品』です。害のある合成ポリマーは一切使用していません。

乾燥から肌を守る為、アミノ酸やブドウ糖を与え、不要なものが浸透しないよう肌を守ります。赤ちゃんから大人まで皮膚細胞活性研究所のベラワカコ化粧品を広くオススメしています。